株式会社ジー・エス 産業廃棄物・粗大ゴミ等収集・処分いたします。
0120-12-5353
  会社概要 作業案内 問い合わせ HOME 個人のお客様
法人のお客様
 
RPF製造システム
 
 
形状:直径6〜60mm、長さ10〜100mmの円柱状の形をしています。
RPF とは Refuse Paper & Plastic Fuel の略称であり、主に産業廃棄物のうち、マテリアルリサイクルが困難な古紙及びプラスチック類を原料とした高カロリーの固形燃料です。

ジー・エスの製造したRPFは、石炭(化石燃料)の代替として、製紙会社、石灰会社、鉄鋼会社などで使用されます。

φ 8mm
φ20mm
φ40mm
低位発熱量
6,000kcal/kg級:石炭相当
8,000kcal/kg級:コークス相当
 
 
1.環境にやさしい エネルギー効率を高め、化石燃料の消費を減らすことにより二酸化炭素(CO2)の排出量も減らすことで、地球温暖化防止にも貢献しています。
2.高い熱量 原料として廃プラスチックを使用しているため熱量が高く、コークスや石炭に匹敵するエネルギーを生成するため、化石燃料の代替として使うことができます。
3.高い品質 発生履歴が明らかな産業廃棄物や、機械や人手で選別された一般廃棄物(分別基準適合物相当)を原料として使用しているため、品質に高い信頼性が持てます。
4.熱量の調整が可能 用途に応じ、古紙と廃プラスチックの配合比率を変えるだけで容易に熱量の調整が可能です。 
5.他の燃料に比べて低価格 現状のRPFの価格は石炭の1/4〜1/3という低価格です。石炭などの化石燃料にかかっていたコストを大きく削減することができます。
また、灰化率が石炭に比べ1/3以下となるため、灰処理費も削減できます。
6.排ガスの処理が容易 品質が高く、不純物の混入が少ないため、塩素ガスが発生することによる燃焼設備へのダメージがほとんどないだけでなく、ダイオキシンもほとんど発生しない。
また硫黄ガスの発生も少なく、排ガスを容易に処理できます。
7.取り扱いが容易 RPFはコンパクトな固形物で、密度が高いためコークスや粉炭などと同等のハンドリング性を持っています。
 
     
 
 
 
平判損紙 切り落とし紙、フィルム類
ロール状損紙 切り落とし紙、フィルム類
紙製容器包装 容器包装リサイクル法の分別標準適合物
粘着テープ テープ、ステッカー、ラベル、ガムテープなど
特殊紙 ラミネート紙、加工紙、紙製容器、アルミ蒸着紙
 
 
 
原料名 主な用途
ポリエチレン(PE) 包装用フィルム(包材)、買い物袋、アルミ蒸着紙
ポリプロピレン(PP) 通箱、 結束ひも、 菓子の包装袋、 アルミ蒸着紙
ポリスチレン(PS) テレビ・オーディオなど家電製品のボディ、 アルミ蒸着紙、食品用トレイ、 発泡スチロール、玩具ボディ
ポリエチレンテレフタレート(PET) PETボトル、 カーペット、 衣料品など
ポリカーボネート(PC) AV機器等のボディ、 コピー機等のボディ、 携帯電話のボディ
アクリルブタジエンスチレン(ABS) 自動車、家電製品など
ナイロン 合成繊維